本文へスキップ

TEL. (0240)25-8561

〒979-0513 福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字仲丸1-110

ホーム > 福島支援 全国消防派遣隊 > 双葉消防本部への激励・支援

双葉消防本部への激励・支援encouragement&support

  双葉消防本部は、平成23年3月11日に発生した東北太平洋沖地震、大津波、そして福島第一原発事故の未曾有の複合災害に対し、発災直後から現在まで双葉地域に留まり、双葉地域を守るという消防機関の責任を果たすべく常に最前線で活動を継続してきました。
  放射線が広がる過酷な現場で災害活動を継続している隊員に対し、消防庁長官始め多くの皆様に激励を頂きました。この励ましにより、疲労困憊していた職員は、再び元気や勇気を取り戻すことができ、今日まで災害対応を継続することができました。改めて感謝を申し上げます。

平成24年5月23日(水)  久保信保  消防庁長官

久保長官激励   平成24年5月23日(水)、久保信保消防庁長官が職員激励のため来訪されました。
  久保長官は全職員の前であいさつし、「双葉消防の皆さんは、地域住民はもちろん日本国民の安全を守っている。継続して、地域のみならず国民の安全のために頑張っていただきたい」と激励をいただきました。 この言葉を受けた職員は、困難な環境のなかでも挫けずに頑張ってきた充足感を感じるとともに、国から支援していただいていることを実感し、希望や勇気を呼び戻すことができました。   久保長官は職員激励のあと、原発事故による警戒区域を視察されました。
※画像をクリックするとギャラリーをご覧いただけます。

平成24年11月27日(火)  岡崎浩巳  消防庁長官

岡崎長官激励   平成24年11月27日(火)、岡崎浩巳消防庁長官が来訪され、国内で最も過酷な消防業務を継続している消防であることを顧慮していただき激励をいただきました。
  岡崎長官には、「国の機関としてできる限りの支援体制を継続していく」との力強い鼓舞激励の言葉をいただき、今後も一貫して災害最前線において、地域そして日本を全力で守っていく決意を新たにいたしました。
  岡崎長官には職員激励の後、大阪市消防局から無償譲渡を受けた遠距離大量送水システム(ドラゴンブーストユニット)による放水訓練を視閲いただき、併せて警戒区域を視察されました。
※画像をクリックするとギャラリーをご覧いただけます。

平成25年9月6日(金)  大江秀敏  消防総監

大江総監激励 平成25年9月6日(金)、東京消防庁・大江秀敏消防総監が来訪され、平成25年4月1日から消防活動支援をいただいている「福島支援全国消防派遣隊」に対する激励と、原子力過酷事故災害対応を継続している双葉消防の職員へのねぎらいをいただきました。
※画像をクリックするとギャラリーをご覧いただけます。

平成25年9月28日(土)  大石利雄  消防庁長官

岡崎長官激励   平成25年9月28日(土)、大石利雄消防庁長官が来訪され、平成25年4月1日から消防活動支援をいただいている「福島支援全国消防派遣隊」に対する激励と、原子力過酷事故災害対応を継続している双葉消防の職員へのねぎらいをいただきました。
  大石長官はまず、「福島支援全国消防派遣隊」に対し、「4月から双葉地域の消防活動に従事していただいた。この間警戒活動・救助活動により十分そのつとめを果たしてくれた。その活動に感謝と敬意を表する」と激励し、双葉消防職員に対しては、「派遣隊 との絆を確認し、全国の消防職員が応援していることを実感できたと思う。今後も継続して応援するので、地域の再生復活のため尽力して欲しい」と励ましの言葉をいただきました。結びとして、大石長官から「全国の消防職員とともに改めて消防の力を示していこう」とエールが送られました。
※画像をクリックするとギャラリーをご覧いただけます。

平成25年9月28日(土)  日章旗にしたためられた絆

日章旗にしたためられた絆   平成25年4月1日から「福島支援全国消防派遣隊」の支援を受けるに際し、日章旗に各派遣隊員のメッセージを寄せていただくことにしました。これに先立ち、岡崎浩巳消防庁長官、北村吉男消防総監(全国消防長会会長)、坂井修司全国消防長会事務局長から、激励のメッセージが寄せられました。
      岡崎浩巳消防庁長官からは「全国消防職員の団結を示せ!」
      北村吉男消防総監からは「安心安全の連帯・絆を強固に!」
      坂井修司全国消防長会事務局長からは「全国の仲間とともに!」
というメッセージをいただきました。

第1次から第16次までの各派遣隊員から頂いたメッセージも掲載しております。
※画像をクリックするとギャラリーをご覧いただけます。

平成27年2月13日(金)  坂本森男  消防庁長官

坂本長官激励   平成27年2月13日(金)、坂本森男消防庁長官が来訪され、原子力過酷事故災害対応を継続している双葉消防の職員への激励をいただきました。

  【坂本森男消防庁長官激励のお言葉】
  新しい職員が多くて、平均年齢が33歳という若い消防本部でありますので、今後は消防活動技術をしっかりと身につけていただきまして、災害の備えを万全にしていただきたい。そのためにも訓練をしっかり続けていただきたいと思っております。先ほどの訓練では、その成果がしっかりと出ていると感じまして大変頼もしく思った次第です。
  一方、避難指示解除準備区域の見直しや国道6号線の通行の再開、常磐自動車道浪江インターと南相馬インターの開通など、環境がどんどん変化しているところだと思いますけれども、こういったなかで今後は交通事故や火災など、様々な災害が増加することが懸念されます。
  地域住民の皆さんからも防災、防火体制のより一層の強化が期待されていることと思います。双葉消防職員一人ひとりの役割が、これまで以上に重要になるものと感じております。
  消防庁におきましても、「双葉消防本部支援調整会議」を設置して、その会議のなかで皆さまの消防活動上の諸課題を継続的に把握をし、必要な支援を行っておりますが、今後もしっかりと対応して参りたいと考えております。
  消防庁といたしましては、大規模災害、特殊災害等から国民の生命身体財産を守るために、双葉消防本部のより一層の消防防災体制の充実強化を図り、そして隊員の皆さまが安心して消防活動に勤しんでいただけるよう努力して参る所存でございます。
※画像をクリックするとギャラリーをご覧いただけます。

平成27年10月6日(火)  佐々木敦朗  消防庁長官

佐々木長官激励   平成27年10月6日(火)、佐々木敦朗消防庁長官が来訪され、原子力発電所事故による避難区域で消防活動を続けている職員に激励をいただきました。
※画像をクリックするとギャラリーをご覧いただけます。

  【佐々木敦朗消防庁長官激励のお言葉】
  先ほどは、大変頼もしい訓練の様子を視察させていただきました。私から申すまでもなく、東日本大震災では死者・行方不明者2万人という多くの犠牲者を出し、消防職員・団員の方々も多く犠牲になられました。 特に双葉地域につきましては、原子力発電所事故によりまして、未だに故郷に戻ることが出来ない方々が大勢おられ、避難生活を多くの方が続けられているという大変困難な状況にあるわけでございます。 そうした困難な環境の下、放射線の問題がある中で消防防災活動を続けるという難しい課題を持っている双葉消防本部の皆様には頭が下がる思いであります。

  避難区域内における大規模火災対応訓練ということで、毎年、緊急消防援助隊や県内応援消防本部と共に訓練を重ねられてきていると伺っております。去る5月には5回目の訓練をされたとも聞いております。 先ほども、救助訓練そして消火訓練と頼もしい訓練の様子を拝見させていただきました。皆様方が、何かがあったときの備えのために普段からしっかり訓練されていることに感謝を申し上げたいと思います。 今日は双葉地域を北の方から車で視察をさせていただきましたが、復興が進むにつれて地域の環境が日に日に変わってきていると感じたわけでもあります。 国道の開通、或いは常磐自動車道の開通、そして避難指示区域の見直し、それに伴う住民の帰還、或いは原子力発電所の廃炉に向けた様々な作業、こういったこと全て消防防災活動の環境をどんどん変えていっており、火災や事故の可能性が一層増加しているという面も否めないわけでございます。 双葉消防本部におかれましては、こういった常に変わりゆく環境の中で備えをしていかなければならないという大変困難な状況にあると思っている次第でございます。

  私ども消防庁、福島県消防長会と一緒になりまして双葉消防本部の支援調整会議を実施させていただきまして、その会議を通じて双葉消防本部の現状をしっかりと把握させていただき、必要な支援を行ってきているところでございます。 消防庁といたしましては、今後とも、双葉消防本部の皆様がこの地域の消防防災活動をしっかり担っていかれるよう、そして署員の皆様方が安心安全にその活動を行っていただけるように力を尽くして参りたいと考えております。 どうか皆様、今後とも、この双葉地域の住民の皆様そして地域の安心安全を守るために、更に尽力していただきますようお願い申し上げまして激励の言葉とさせていただきます。

バナースペース

双葉地方広域市町村圏組合消防本部

〒979-0513
福島県双葉郡楢葉町大字山田岡
字仲丸1-110

TEL (0240)25-8523
FAX (0240)25-8524

浪江消防署

〒979-1513
福島県双葉郡双浪江町大字幾世橋
字大添45

TEL (0240)34-4111
FAX (0240)34-4120

葛尾出張所

〒979-1602
福島県双葉郡葛尾村大字落合
字合254-2

TEL (0240)29-2119
FAX (0240)29-2442

富岡消防署臨時拠点

〒979-1112
福島県双葉郡富岡町中央2丁目86
(富岡町消防団第一分団屯所)

TEL (0240)23-6951
FAX (0240)23-6952

楢葉分署

〒979-0513
福島県双葉郡楢葉町大字山田岡
字仲丸1-110

TEL (0240)25-2119
FAX (0240)25-2148

川内出張所

〒979-1201
福島県双葉郡川内村大字上川内
字早渡11-4

TEL (0240)38-2119
FAX (0240)38-2440