本文へスキップ

TEL. (0240)25-8561

〒979-0513 福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字仲丸1-110

ホーム > 記事一覧 > 2015年7月16日

新着情報What's New

2015年7月16日(木)

第38回福島県消防救助技術大会が開催されました。

平成27年7月8日(水)、福島県消防学校において第38回福島県消防救助技術大会が開催されました。
この大会は、救助技術の高度化に必要な基本的要素を練磨することを通じて、消防救助活動に不可欠な体力・精神力・技術力を養うとともに、福島県の消防救助隊員が一堂に会し、競い・学ぶことを通じて、他の模範となる消防救助隊員を育成し、地域住民の消防に寄せる期待に力強く応えることを目的としています。


福島県消防学校で行われた第38回福島県消防救助技術大会に当消防本部から救助隊員16名が出場しました。


引揚救助
5人1組(要救助者を含む)で2人が空気呼吸器を着装して搭上から塔下へ降下し、検索後、要救助者を塔下へ搬送し、4人で協力して塔上へ救出した後、ロープ登はんにより脱出します。地下やマンホール等での災害を想定した訓練です。




ほふく救出
3人1組(要救助者を含む)で、1人が空気呼吸器を着装して長さ8メートルの煙道内を検索し、要救助者を屋外に救出した後、二人で安全地点まで搬送します。ビルや地下街等で煙に巻かれた人を救出するための訓練です。




ロープブリッジ渡過
水平に展張された渡過ロープ20メートル(往復40メートル)を、往路はセーラー渡過、復路はモンキー渡過するロープ渡過の基本的な訓練です。




ロープブリッジ救出
4人1組(要救助者を含む)で、2人が水平に展張された渡過ロープ(20メートル)により対面する塔上へ進入し、要救助者を救出ロープに吊り下げ、けん引して救出した後、脱出します。要救助者を隣の建物等から進入し、救出することを想定した訓練です。




隊員達は限られた時間の中で大会に向け厳しい訓練を重ねてまいりました。
大会当日、隊員達は訓練の成果を存分に発揮し、ほふく救出においては2位入賞を果たすことができました。
本大会への参加を通じて広く住民に消防技術の高さ、力強さ、優しさをアピールするとともに、訓練によって得た技術を地域の安全・安心を守るために発揮していきたいと思います。
ご声援ありがとうございました。

出場チーム
浪江消防署
  ほふく救出     畠山隊員チーム
            栗原隊員チーム ※2位入賞

富岡消防署 
  引揚救助      根本隊員チーム
  ロープブリッジ渡過 谷山隊員
            根本隊員
  ロープブリッジ救出 工藤隊員チーム

バナースペース

双葉地方広域市町村圏組合消防本部

〒979-0513
福島県双葉郡楢葉町大字山田岡
字仲丸1-110

TEL (0240)25-8523
FAX (0240)25-8524

浪江消防署

〒979-1513
福島県双葉郡双浪江町大字幾世橋
字大添45

TEL (0240)34-4111
FAX (0240)34-4120

葛尾出張所

〒979-1602
福島県双葉郡葛尾村大字落合
字合254-2

TEL (0240)29-2119
FAX (0240)29-2442

富岡消防署臨時拠点

〒979-1112
福島県双葉郡富岡町中央2丁目86
(富岡町消防団第一分団屯所)

TEL (0240)23-6951
FAX (0240)23-6952

楢葉分署

〒979-0513
福島県双葉郡楢葉町大字山田岡
字仲丸1-110

TEL (0240)25-2119
FAX (0240)25-2148

川内出張所

〒979-1201
福島県双葉郡川内村大字上川内
字早渡11-4

TEL (0240)38-2119
FAX (0240)38-2440